現代刀 東横綱(戦前) 塚本起正(一貫斎)の一振り。昭和の源清麿と称され43才の若さで亡くなるも人間国宝と言われた刀匠

期限切れオークション

昭和の源清麿!日本刀剣保存会に於いても無銘で塚本(一貫斎)起正の鑑定は極めて少ないと聞く一振りです。
現代刀 東横綱(戦前) 塚本起正(一貫斎)の一振り。43才の若さで亡くなるも人間国宝と言われた。

【重要】この下に多くの写真と説明があります。

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

説明

■鑑定:
NPO 日本刀剣保存会(特定非営利活動法人)の鑑定書が付く。
無銘ながらも審査員四名が「塚本起正」認める上々作!

◆鞘書:なし
◆折紙:なし

■時代: 昭和
■国名:福島県郡山市(生まれ)
■種別:刀
■銘文:無銘(生ぶ)
■測定値:刀身
◆刃長:66.4cm
◆反り:1.4cm
◆目釘穴:1個
◆元幅:31.2mm
◆先幅:20.4mm
◆先重:5.3-5.9mm
◆元重:7.4mm
◆鋩:33-34mm
◆茎長:190mm
◆重量:705g
※誤差あり

■登録証:愛知県教育委員会 昭和51年1月22日 第50395号

■説明:鎬作り、庵棟、体配は反り1.4cmながらもハバキ元からの腰反りで姿良し。
地鉄が美しく小板目非常によく詰み、肌も立つ。
刃文は錵深く、中焼幅、互ノ目乱れに尖り刃見せ足太く盛んに入る。鋩は直に小丸に返す。
ハバキは銀無垢一枚

日本刀剣保存会の鑑定書がつく「塚本起正」の一振り。昭和の清麿と言わしめ43才の若さで亡くなるも刀作を続けられれば人間国宝と言われていた刀匠である
日本刀剣保存会の鑑定書がつく「塚本起正」の一振り。昭和の清麿と言わしめ43才の若さで亡くなるも刀作を続けられれば人間国宝と言われていた刀匠である
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正  昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正   昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)

塚本起正   昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)

その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正  昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
塚本起正     本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正   昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正    昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。 本名:塚本新八。 1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。 1362~1367年ごろのだと言われています。 1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。 師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。 1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。 陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。 戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、 戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、 1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。 続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。 その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、 特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。 ・起正 ・塚本起正 ・一貫斎起正 ・塚本一貫斎起正 ・塚本起正(塚本一貫斎起正)
塚本起正  昭和の「源清麿」と言わしめる刀匠である。
本名:塚本新八。
1915年(大正4年)福島県郡山市生まれ。
南北朝時代の越後の刀工「山村正信」の末裔とも言われている。
1933年(昭和8年)「笠間一貫斎繁継」に入門し、のちに娘婿になる。
師匠であり義父である笠間一貫斎繁継と同じく一貫斎の号を名乗りました。
1943年(昭和18年)陸軍受命刀工任命。
陸軍軍刀技術奨励会会長賞、海軍大臣賞など数々の賞を受賞しています。
戦前の現代刀匠番付では東の横綱に君臨するほどの名工で、
戦後も新作日本刀展特賞、文部大臣賞などを受賞し、一層の活躍を期待されましたが、
1960年(昭和33年)に43才の若さで早逝。
続けていられれば人間国宝まちがいないと言われた刀工である。
その作風は「源清磨」のような互の目ノ乱れや丁子乱れが多く覇気があり、
特に地鉄が優れ、現代刀匠では右に出る者がいないと言われています。
・起正
・塚本起正
・一貫斎起正
・塚本一貫斎起正
・塚本起正(塚本一貫斎起正)
日本刀剣保存会の鑑定書がつく「塚本起正」の一振り。昭和の清麿と言わしめ43才の若さで亡くなるも刀作を続けられれば人間国宝と言われていた刀匠である。
日本刀剣保存会の鑑定書がつく「塚本起正」の一振り。昭和の清麿と言わしめ43才の若さで亡くなるも刀作を続けられれば人間国宝と言われていた刀匠である

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2021-04-09 13:17

レビュー

レビューはまだありません。

“現代刀 東横綱(戦前) 塚本起正(一貫斎)の一振り。昭和の源清麿と称され43才の若さで亡くなるも人間国宝と言われた刀匠” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »