刀「反り」の種類

  • 腰反り(こしぞり) はばき元でいきなり反るものを言います。
  • 鳥居反り(とりいぞり) 神社の鳥居のように、反りの中心が刀身の中央付近にあるものを言い、京反りとも言います。
  • 先反り(さきぞり) 反りの中心が刀身の中央より先にあるものを言います。
  • 内反り(うちぞり) 棟側ではなく刃側に反るもので、研ぎ減りした短刀に見られるものです。
    鎌倉後期の越中国則重が意図して作った内反りの短刀は特に筍反り(たけのこぞり)と呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »