登録証「刀・脇差・短刀」刃長の分類何cm?

短刀 29.9cmまで
脇差 30.0cm~59.9cmまで
 60.0cm~となる。

刀と太刀の「種別」の違いは各都道府県教育委員会に派遣された審査員の知識で異なる。

寸延短刀と小脇差 

現在の刀剣業界では刃渡りが一尺(30.3cm)を超えた長めの短刀を寸延短刀と言い、
一尺~二尺(30.3cm~39.4cm)位までの短めの脇差しを小脇差しと言う

大脇差 1尺8寸以上2尺未満(54.5 – 60.6cm)
中脇差 1尺3寸以上1尺8寸未満(40 – 54.5cm)
小脇差 1尺以上1尺3寸未満(40cm未満)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »