三条宗近

三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。

1件の結果を表示中

Translate »