SALE!

現代刀 岐阜関住 村山兼幸 (本名:村山鈴一は1926生-1989年没) 昭和の陸軍受命刀工。

¥580,000 ¥380,000

現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。

「現代刀」(げんだいとう)とは、1876年(明治9年)3月28日に発布された「廃刀令」(はいとうれい)以降に制作された日本刀を指します。

【重要】この下に多くの写真と説明があります。

在庫1個

残り時間
セール期間はありません

説明

■鑑定(Appraisal report):NPO 日本刀剣保存会(特定非営利活動法人)の鑑定書
◆鞘書(Scabbard writing):なし(None)
◆折紙(Old Appraisal report):なし(None)
■時代(Period): 昭和
(Syouwa Period,19th century)
■国名(province):岐阜県関
■種別(Type):刀(KATANA)
■銘文(inscription):無銘
表(front side): 無銘(Unsigned)
裏(back side): 無銘(Unsigned)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
◆刃長(Blade length):67.7cm
◆反り(“Sori” Warp):2.0cm
◆目釘穴(“MekugiAna”):3個
◆元幅(“Motohaba” bottom width):33.0-33.5mm
◆先幅(“Sakihaba” top width):21.1-22.3mm (Measure 46mm from the top)
◆先重(“Sakishige”):6.0mm(Measure 46mm from the top)
◆元重(“Motoshige”):7.9mm
◆鋩(“Kissaki”):46.1mm
◆茎長(“Nakago” handle length):233mm(23.3cm)
◆重量(Wait):844g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証: 愛知県教育委員会(Registered by the Aichi Prefectural Board of Education)

■説明:
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。

現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付く。

現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。 岐阜県、昭和前期 1926生-1989年没 本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作など 本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書)が付き鎌倉期の写しと思われ晩年の作か。 鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。 地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、 中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。 重量裸刀身844gと重量感がある一振り。
現代 刀工 関住 村山兼幸 本名村山鈴一 昭和の陸軍受命刀工。
岐阜県、昭和- 1926生-1989年没
本名は村山鈴一。銘は兼幸、村山兼幸、濃州関住村山兼俊幸作と切る。
本作は無銘ながら保存会の極め(鑑定書4名の捺印)が付き戦後、晩年の作か。
鎬作り、庵棟、目釘3個と鎌倉期の写しかと思われる。
地鉄は板目無地風、刃文は互ノ目乱に尖り刃交え、
中切先が延び46.1mm大切先なみで帽子は焼込んで大丸に返り。
重量裸刀身844gと重量感がある一振り。

レビュー

レビューはまだありません。

“現代刀 岐阜関住 村山兼幸 (本名:村山鈴一は1926生-1989年没) 昭和の陸軍受命刀工。” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »