SALE!

江戸初期 「繁慶」トある一振り「幽霊か」と称される野田繁慶(ハンケイ)の登場!

¥498,000 ¥380,000

江戸初期 繁慶トある一振り。 「幽霊か」と称される野田繁慶(ハンケイ)の登場!

■鑑定(Written Expert Opinion):保証書なし
■時代(Period):江戸初期(Early Edo Period)
■種別(Type):刀 (Katana and Shirasaya)
■銘文(Swordsmith name, era, etc.):
(表) 繁慶(Hankey)
(裏)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):67.3cm
反り(“Sori” Warp):0.8cm
目釘穴(“MekugiAna”):1個(※2個あり1個埋め)
元幅(“Motohaba” bottom width):30.6mm-30.8mm
先幅(“Sakihaba” top width):4.5cm-4.6cm
元重(“Motoshige”):
先重(“Sakishige”):
鋩長(”Kissaki” top length):
茎長(“Nakago” handle length):
重量(Wait):823g
※誤差あり (but within the margin of error)
■登録証:東京都教育委員会
■説明:非常に上品さを感じる一振りです。また
手にもつと重量823gは重みを感じ非常に健全な一振りです。

本刀は鎬造で身幅太く重ねが厚目で反り浅く中切先がやや延び心。
広直刃に緩やかな湾れ交り互ノ目交る(特に裏の物打ち部分)
また刃中に金筋、砂流しを見る。
板目に柾目がまじり鈨元から鋩まで均等に地景が非常に綺麗です。
時代研ぎ為に刃文が若干変わった様にも感じるが、
帽子は正面に見ると表は「焼詰めて掃掛け」ている様に見え
軽く倒すと先端で丸く返しているようにも見える。

浅目の腰反りに区送り(2cm位だろうか)に薬研形ナカゴ

証明書が付帯しない物件に付き保証がありませんが、
技量の高さを感じ出来の良い一振りだと思います。
板目に柾目がまじり鈨元から鋩まで均等に地景が非常に綺麗です。
※個人的な感想であり個人差有。

在庫1個

残り時間
セール期間はありません

説明

「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠
「刀 銘 繁慶(はんけい)」は江戸時代初期にかけて活動した刀匠

■鑑定(Written Expert Opinion):保証書なし
■時代(Period):江戸初期(Early Edo Period)
■種別(Type):刀 (Katana and Shirasaya)
■銘文(Swordsmith name, era, etc.):
(表) 繁慶(Hankey)
(裏)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):67.3cm
反り(“Sori” Warp):0.8cm
目釘穴(“MekugiAna”):1個(※2個あり1個埋め)
元幅(“Motohaba” bottom width):30.6mm-30.8mm
先幅(“Sakihaba” top width):4.5cm-4.6cm
元重(“Motoshige”):
先重(“Sakishige”):
鋩長(”Kissaki” top length):
茎長(“Nakago” handle length):
重量(Wait):823g
※誤差あり (but within the margin of error)
■登録証:東京都教育委員会
■説明:非常に上品さを感じる一振りです。また
手にもつと重量823gは重みを感じ非常に健全な一振りです。

本刀は鎬造で身幅太く重ねが厚目で反り浅く中切先がやや延び心。
広直刃に緩やかな湾れ交り互ノ目交る(特に裏の物打ち部分)
また刃中に金筋、砂流しを見る。
板目に柾目がまじり鈨元から鋩まで均等に地景が非常に綺麗です。
時代研ぎ為に刃文が若干変わった様にも感じるが、
帽子は正面に見ると表は「焼詰めて掃掛け」ている様に見え
軽く倒すと先端で丸く返しているようにも見える。

浅目の腰反りに区送り(2cm位だろうか)に薬研形ナカゴ

証明書が付帯しない物件に付き保証がありませんが、
技量の高さを感じ出来の良い一振りだと思います。
板目に柾目がまじり鈨元から鋩まで均等に地景が非常に綺麗です。
※個人的な感想であり個人差有。

堀川国広、肥前忠吉、長曽根虎徹、野田繁慶と
最上作に名を連ね、初代康継とほぼ時代を同じくし、
江戸鍛冶の先駆者といえる。

武蔵国(東京)、繁慶は小野繁慶、
野田善四郎清堯、野田善清堯、日本善清堯と切り、初銘は清堯。

一説には古刀・新刀を通じて繁慶が刀剣界の第一人者として
繁慶か幽霊かと称され正真も少なく、
本阿弥常政先生は3000万~4000万と評価する。

「繁慶」は三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)の生まれで、
名は「野田善四郎清尭」(のだぜんしろうきよたか)が本名と言われますが、
(昔の人は名を変える事が多く感じます。)
もともとは徳川家に抱えられた鉄砲鍛冶でしたが、
1616年(元和2年)、江戸に出て刀工に転じました。

さて本作「繁慶」について

手にもつと重量823gは重みを感じ非常に健全な一振りです。

本刀は鎬造で身幅太く重ねが厚目で反り浅く中切先がやや延び心。
広直刃に緩やかな湾れ交り互ノ目交る(特に裏、物打ち部分)
また刃中に金筋、砂流しを見る。
時代研ぎ為に刃文が変わった様にも感じるが、
帽子は正面に見ると表は「焼詰めて掃掛け」ている様に見え
軽く倒すと先端で丸く返しているようにも見える。

浅目の腰反りに区送り(2cm位だろうか)に薬研形ナカゴ

証明書が付帯しない物件に付き保証がありませんが、
腕の良い刀工による出来の良い一振りです。
板目に柾目がまじり鈨元から鋩まで均等に地景が非常に綺麗です。

個人的には・・・

小野繁慶が、第2代将軍「徳川秀忠(安土桃山時代-江戸時代)」
面前において、繁慶の打った刀を本阿弥家に見せたところ、
当時としては現代刀にも関わらず「相州正宗でござろう。」と鑑定した。
面白がった秀忠が繁慶を呼び出しそのように伝えると、
繁慶は「情けなや。正宗ごときに極められ無念」と不満を口にしたと言うが、
刀工としての自信と気高さを伺える逸話である。

レビュー

レビューはまだありません。

“江戸初期 「繁慶」トある一振り「幽霊か」と称される野田繁慶(ハンケイ)の登場!” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »