白く煙る「映り!」豪壮刀 保存刀剣「伝,胤次」作,重量約1kgの「鎌倉古刀期の写し」三つ棟・猪首切っ先の無欠点と言うべき出来の良い綺麗な御刀!

¥697,000

最上作!伝「堀井胤次」鎌倉古刀期写し! 鎬作り、三つ棟、
身幅広めの刀身からふくら付く猪首鋒~小鋒、姿は鳥居反りで古刀を写す。
非常に綺麗ながらも裸刀身948gの豪壮刀です。
ハバキは金かと見間違える精美な二重ハバキです。

■鑑定:非営利団体「日本刀剣保存会」
鞘書:
折紙:
■時代(Period): 昭和中後期頃(Mid of Syouwa Period(19th century)
■種別:刀(三ツ棟)
■銘文:
(表): 無銘
(裏): 無銘
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):72.3cm
反り(“Sori” Warp):2.2cm
目釘穴(“MekugiAna”):2個
元幅(“Motohaba” bottom width):31.8mm-31.9mm
先幅(“Sakihaba” top width):22.1mm-22.3mm (Measure 30.4mm from the top)
先重(“Sakishige”):6.4mm-6.7mm
元重(“Motoshige”):9.0mm-9.5mm(Measure 30.4mm from the top)
鋩(“Kissaki”):30.4mm
茎長(“Nakago” handle length):195mm
重量(Wait):948g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証:東京都教育委員会
■説明:三つ棟・猪首切っ先、反りは鳥居反り。
広直刃調で大互の目乱れ、錵深く匂口しまる。小板目非常に良くつみ、
ハバキ上部や物打ち部分が二重三重刃にも見え刃中に地景が見える。
帽子は一枚で切先は身幅広目からの、ふくら付き猪首か小切先こころ。

最上作!伝「堀井胤次」鎌倉古刀期写し! 体配は鳥居反りで姿が良い。
非常に美しさもありながら裸刀身948gの豪壮刀です。
ハバキは金かと見間違える精美な二重?。

さらに詳しく本文(この下にあります)に記載

在庫1個

残り時間
セール期間はありません

説明

堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。 元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、 刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、 祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。 堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人) 二代 堀井胤明 三代(瑞泉初代) 堀井俊秀 四代 堀井信秀 分家 堀井胤次 現当主 堀井胤匡 昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。 18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、 作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。
堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。
堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡
昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。

堀井胤次刀匠は昭和31年10月6日昭和前期を代表する名工堀井俊秀の次男として生まれる。
元は月山貞一・大慶直胤の門人「堀井胤吉」氏から始まり、
刀匠一家として昭和前期を代表する名工「堀井俊秀」の次男。祖父に胤明、兄に信秀がおり、
祖父の「胤」の字をもらい、次男であったところから胤次と命名される。

堀井胤吉(月山貞一・大慶直胤門人)
二代 堀井胤明
三代(瑞泉初代) 堀井俊秀
四代 堀井信秀
分家 堀井胤次
現当主 堀井胤匡

昭和15年3月、日本製鋼所室蘭製作所に入社、当時、付属鍛刀所の父:俊秀について鍛刀を学ぶ。
18年、新作日本刀展出品入選。27年、講和記念刀を製作する栄誉を得る。33~38年、
作刀技術発表会に出品し入選、新作名刀展39年努力賞、44年奨励賞、45年努力賞と数々の賞を受賞する。

その胤次の優秀作と言っていい「鎌倉期の写しにて豪壮刀」の一振り。
鎬作り、三つ棟、身幅広めの刀身からふくら付く猪首鋒~小鋒で姿は鳥居反りで古刀を写す。
地鉄は小板目が非常に良く詰み刃文は広直刃で錵深く匂口しまり、
?上や物打ち部分が二重三重刃にも見え刃中に地景が見える。

非営利団体「日本刀剣保存会」にて伝「堀井胤次」と極められた一振り!

レビュー

レビューはまだありません。

“白く煙る「映り!」豪壮刀 保存刀剣「伝,胤次」作,重量約1kgの「鎌倉古刀期の写し」三つ棟・猪首切っ先の無欠点と言うべき出来の良い綺麗な御刀!” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »