一文字写し 戦国大名 大友義統 (第22代当主) 佩刀か!? 城主に仕えた高田統影 (たち・雉股茎) 最上作!

期限切れオークション

貴重!一文字写し!丁子乱れ。戦国大名「大友義統(第22代当主)佩刀か」義統に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
うぶ雉股形茎「太刀(一文字写し)最高傑作!凄まじい「丁子乱れ・乱映り有!」天下無双ノ一振り

切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。

地鉄に凄まじい乱れ映り!研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。

【重要】この下に多くの写真と説明があります

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

説明

■鑑定(Appraisal report):【保証品】公益財団法人,日本美術刀剣保存協会の保存刀剣
(N.B.T.H.K Hozon Token) Guarantee that there is no difference
鞘書(Scabbard writing):なし(None)
折紙(Old Appraisal report):なし(None)
■時代(Period): 江戸時代初期 (beginning of Edo Period)
■国名(province):豊後国(Bungo at that time),大分県(Current Oita Prefecture)
■種別(Type):刀(KATANA) ※生ぶ茎で雉股形茎(The handle is a sword stem called “Kiji-Momo”)
■銘文(inscription):
表(front side): 無銘(Unsigned)
裏(back side): 無銘(Unsigned)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):72.8cm
反り(“Sori” Warp):2.3cm
目釘穴(“MekugiAna”):2
元幅(“Motohaba” bottom width):34.7mm
先幅(“Sakihaba” top width):24.0mm-24.1mm (Measure 43.7mm from the top)
先重(“Sakishige”):5.8mm-6.6mm(Measure 43.7mm from the top)
元重(“Motoshige”):7.7mm
鋩(“Kissaki”):43.7mm
茎長(“Nakago” handle length):223mm(22.3cm)
重量(Wait):885g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証:鹿児島県教育委員会(Registered by the Kagoshima Prefectural Board of Education)

■説明:

鎬作り、庵棟、中切先(4.37cm)刃文は互ノ目丁子が見事で金筋砂流し盛んに入り乱れ映り有。
帽子は表・裏で異なり、表は鍛練が地景に現れ則重かと思わせ、乱れ込んで小丸。金筋現る。
裏は火焔風に掃掛心か。
身幅も3.47cmと豪壮刀如く広く大友義統の為に統景が鍛練した最高の出来ではないのか…
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)の佩刀か」義統に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)最高傑作!丁子乱れ・乱映り!天下無双ノ一振り
切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。地鉄に凄まじい乱れ映り有
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。

Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610)
Takada Munekage
Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period,
heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son
Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610)
Takada Munekage
Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period,
heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son
Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610)
Takada Munekage
Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period,
heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son
Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610)
Takada Munekage
Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period,
heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son
Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610)
Takada Munekage
Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period,
heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son
Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。

Ōtomo Yoshimune (大友義統, 1558 – 1610) Takada Munekage Ōtomo Yoshimune was a Japanese daimyō of the Sengoku period, heir of Otomo Sōrin at the head of the Ōtomo clan. He was the eldest son Munekage Takada(Tokei Takada), a swordsmith who served Yoshimune Otomo 稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。

稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作! 大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。 丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。 研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
稀少!戦国大名「大友義統(第22代当主)」に仕えた刀工「高田統影」豊後高田最上作!
大友義統(藩主の佩刀か!)うぶ雉股茎「太刀(一文字写し)「高田統影」の最高傑作!天下無双ノ一振り。
丁子乱れ・乱映り有。切先43.7mm 身幅34.7mm 重量(裸刀身)885gで豪壮刀。
研減りもなく妖刀如く美しく当時の姿をそのまま残す奇跡一振り。
大友 義統(おおとも よしむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての豊後の戦国大名。大友氏の第22代当主。大友宗麟の嫡男。
「太平記拾遺四十八:大友侍従義統(落合芳幾作)」

大友 義統(おおとも よしむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての豊後の戦国大名。大友氏の第22代当主。大友宗麟の嫡男。

時代 戦国時代・安土桃山時代 – 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年)
死没 慶長15年7月19日(1610年9月2日)
改名 長寿丸(幼名)、義統→吉統→宗厳(→義統)
別名 吉統、羽柴吉統、通称:五郎、豊後侍従
法号:宗厳
戒名 中庵宗巌
霊名 コンスタンチノ
官位 従四位下・侍従、参議、従五位下・左兵衛督
幕府 室町幕府豊後守護→江戸幕府
主君 大友宗麟→豊臣秀吉→秀頼
氏族 大友氏
父母 父:大友義鎮(宗麟)、母:奈多夫人(奈多鑑基の娘)
兄弟 義統、親家、親盛、ジュスタ(一条兼定室のち清田鎮忠室)、テクラ(久我三休室)、女(奈多鎮基室)、女(一萬田鎮実室)、女(母里友信室)、女(臼杵統尚室)、レジナ (伊東義賢室)、桂姫(小早川秀包室)、女
妻 正室:尊寿院(吉弘鑑理娘、洗礼名:ジュスタ)
側室:伊藤氏
側室:立花宗茂の娘[異説あり]
子 義乗、貞勝、女(一尾通春室)、佐古局、松野正照、女(伊藤氏室)
または異説によると
義乗、政鎮(正照)、貞勝、義親
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

 

 

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2021-03-12 21:06

レビュー

レビューはまだありません。

“一文字写し 戦国大名 大友義統 (第22代当主) 佩刀か!? 城主に仕えた高田統影 (たち・雉股茎) 最上作!” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »