最上作!天下人「織田尾張守信長所持」一文字、本阿弥花押。あの「山鳥毛」5億円に匹敵する極上の出来栄えで丁子刃文は必見!米国GHQ里帰品

期限切れオークション

あの「山鳥毛」5億円に匹敵する極上の出来栄えで丁子刃文は必見!米国GHQ里帰り品!
これを見た信長公は果して何と言う・・・
最上作!天下人「織田尾張守信長所持」一文字、本阿弥花押。
一国に替え難いと言わしめるほど!金象嵌銘「織田尾張守信長所持」刀!あの「山鳥毛」5億円に匹敵する極上の出来栄え!
「一文字」本阿弥九代目光徳ノ花押アリ。刀を見るたびに悦に浸れる一振り!
先輩(元上司)愛車ベンツを売って手に入れた一振り。コロナ禍で奥様に隠すのに疲れたと言う。ついに手放す。
(最上研磨が施され研ぐ必要はないかと思います。)

並みならぬ鳥の羽根の様な丁子刃文が優れ地鉄も美しく板目に杢交じりの大出来の一振りです。
※ハバキは「天下不武」信長が自身の印章にも用いた所信をはかせてます。

■鑑定(Written Expert Opinion):なし
■時代(Period):鎌倉時代~ (Kamakura Period)
■種別(Type):刀 (Katana)
※登録証は刀ですが太刀とみなし本文説明
■銘文(Swordsmith name, era, etc.):
(表) 一文字 本阿弥花押
(裏) 織田尾張守信長所持
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):77.9cm
反り(“Sori” Warp):2.0cm
目釘穴(“MekugiAna”):2個
元幅(“Motohaba” bottom width):32.2㎜-33.4mm
先幅(“Sakihaba” top width):21.5mm-21.6mm
元重(“Motoshige”):
先重(“Sakishige”):
鋩長(”Kissaki” top length):
茎長(“Nakago” handle length):
重量(Wait):916g(刀身のみ)※別途「天下不武」?(ハバキ)は29g
※誤差あり (but within the margin of error)
※くだらないことですが白鞘袋が手縫いで厚みがあると少し嬉しく感じます。

■登録証:東京都教育委員会
■説明:下記本文中に掲載しておりますので必ずお読みください

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

商品カテゴリー:

説明

特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
下の画像は国宝「光忠」書籍より丁子刃文と本阿弥花押を参考までに閲覧下さい。その下に本作「一文字」の画像で丁子刃文や本阿弥花押、銀象眼など比較してみて下さい。
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
ハバキは織田信長の印章に使われた「天下不武」の彫が入ったはばきです。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!下の画像で国宝「光忠」の刃文と本阿弥花押と本作「一文字」を比較して下さい。
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
国宝光忠の刃文と比較下さい!また本阿弥花押も重ねてご確認下さい。令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!
令和!米国GHQ里帰り品!特別重要レベルの丁子刃文!一文字本阿弥花押、織田守信長所持の金象嵌あり!山鳥毛に匹敵する華やか丁子刃文!そして信長印章にも使われた「天下不武」ハバキをはく!

まずはじめに、、

本作、金象嵌銘にもある織田信長は武将の中でも特に刀好き武将で知られ
所持刀は一説には「五百振りとも六百振り」とも言われます。
あの「光忠」だけでも20振り~30振り所持したと伝わります。

( 天下人だからと言えばそれまでですが、、)

さて、、、
入札するしないの「野暮な話は別」として少しお付き合い下さい。

最近の日本で一番高値が付いた刀は瀬戸内市の里帰り刀は、
上杉謙信ノ「山鳥毛」一文字であろう。その額なんと5億1309万円と言う。
本作は、その一文字と金象嵌銘が打たれた一振りです。
銘は「一文字 本阿弥花押」「織田尾張守信長所持」と金象嵌銘アリ
花押は本阿弥九代目光徳であろうと思われます。

またハバキは「天下不武」信長が自身の印章にも用いた所信
※文中の「天下布武」とは? 信長が世の中に示した公約のようなものであり、
「天下を武力で平定する」と言うのが一般的な解釈です。

時価5億円とも10億円とも言われた「山鳥毛」に匹敵すると言えば、
お叱りを受けると思いますが、、

華麗な「丁子乱れ」が目を引き刃文の高低があり素晴らしいと感じます。

あの「山鳥毛」が刃長79cmで刀身重量1060gですが、
本作は刃長77.9cmで刀身重量916gで非常に健全です。
古い時代の刀でありながらも、研ぎの回数が少なく、
うぶの姿を健全に残すのも名刀と呼ばれる由縁の1つかもしれません。

手前ミソな話は置いておき、、

本作は名物光忠や山鳥毛(一文字)に匹敵する派手な丁子乱れや、
蛙子丁子・飛焼刃文で極上の出来で手に持つ人を魅了する一振りだと感じます。
「垂涎」。刀好きや、刀コレクターと言われる方だと「その気持ち」が解るのではないかと思います。

実際、私の先輩(インターネットが不慣れな方で…)に代理出品を依頼された訳ですが
刀にハマったらしく、クレジットカードも限度額オーバーで、車を下取りで、
お金を作ったと話されておりました。。。
(どうでもいい話ですが…)

本作「一文字 本阿弥花押、織田尾張守信長所持」とありますが、
刀好き武将で知られる織田信長所持刀は一説には「五百振りとも六百振り」とも言われ、
あの備州長船「光忠」だけでも20振り~30振り所持したと伝わります。

さて、

話戻りますが、本作の魅力は
地鉄板目の鍛練が美しく刃文華(華麗)やかでで小錵づいた
互の目丁子乱れ・蛙子丁子刃飛焼きを交え足葉良く入る。
また見どころの1つとして帽子の波紋です。帽子(表)は乱れて焼詰め風。
裏は焼詰め風で尖り浅く返す。青江帽子にも見える。

また乱れ・棒映りがあり、
茎には金象嵌で表「一文字 本阿弥花押」裏「織田尾張守信長所持」、
鑢目は切鑢です。※花押は九代目本阿弥光徳と思われます。

天下不武の?(はばき)

本作は、信長が国を治めるにあたり自身の所信を印章に用いた
「天下布武」のハバキになります。
特注すればこれだけで約8万~18万(金工師3者リサーチ)をはく。

手にとり研究すると見どころ満載で思わず見入ってしまいます。
勉強中の私でも「大出来」「名刀」言って過言ではないと思います。

歴代の所有者が大切にされてきた一振りです。
(研ぐ必要はまったくないかと思います。)

天下人の縁起を担ぐ本作
次は貴方が手にとる番が来たのではないでしょうか。

最後に、、

武将の中でも特に刀好きで知られる信長が、、
もし、、
生きていてこの刀を見たら何と言うのでしょうか…

「不動行光、つくも髪、人には五郎左御座候」

想像を掻き立て、妄想に浸る、刀を見るたびに悦に浸れる一振り!
この一振りをこの機会に是非ご検討下さい。
真意はわかりかねますが、
色々と感慨深く楽しめる一振りである事は間違いありません。

「不動行光、つくも髪、人には五郎左御座候」…

歴代の所有者が大切にし、天下人の縁起を担ぐ本作。

次は貴方が手にとる番が来たのではないでしょうか。

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2020-12-14 19:20

レビュー

レビューはまだありません。

“最上作!天下人「織田尾張守信長所持」一文字、本阿弥花押。あの「山鳥毛」5億円に匹敵する極上の出来栄えで丁子刃文は必見!米国GHQ里帰品” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »