保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)乱れ映り! 相模国冬広 若州小浜冬廣 若狭冬広

保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)乱れ映り! 相模国冬広 若州小浜冬廣 若狭冬広!

■説明:菖蒲作り。庵棟、表裏に棒樋に丸留に細く添樋跡が入る。
地鉄は板目に肌立ち地景がみえ、全体に乱れ映りあり。
刃文は錵深く浅くのたれ、表の焼出しは互の目。茎はタナゴ

時代物「拵え」から見るとそれなりの名家武士が所有していたのではなかろうか。
拵えは小柄・笄がないのは非常に残念であるが、
素晴らしい刀装具がついており、栗型の「茸」、目貫が「華車」、縁頭が「燕」など
すべて時代物の見どころがあり楽しめる一振りです。
また柄巻きも非常に美しく当時の柄巻きをそのまま保存された貴重な拵えです。

 

商品カテゴリー: ,
残り時間
セール期間はありません

説明

■鑑定(Appraisal report):公益財団法人,日本美術刀剣保存協会の保存刀剣
◆鞘書(Scabbard writing):なし(None)
◆折紙(Old Appraisal report):なし(None)
■時代(Period): 室町-(Muromachi- Period,15th century)
■国名(province):相模国-若狭国(Sagami-Wakasa at that time),神奈川県-福井県(Current Kanagawa-Fukui Prefecture)
■種別(Type):脇差し(Wakizashi)
■銘文(inscription):
表(front side): 無銘(Unsigned)
裏(back side): 無銘(Unsigned)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
◆刃長(Blade length):44.9cm
◆反り(“Sori” Warp):1.0cm
◆目釘穴(“MekugiAna”):1
◆元幅(“Motohaba” bottom width):30.8mm-
◆先幅(“Sakihaba” top width):26.6mm (Measure 85mm from the top)
◆先重(“Sakishige”):6.5mm (Measure 85mm from the top)
◆元重(“Motoshige”):6.2-6.5mm
◆鋩(“Kissaki”):菖蒲作り
◆茎長(“Nakago” handle length):111mm(11.1cm)
◆重量(Wait):350g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証:岡山県教育委員会(Registered by the Okayama Prefectural Board of Education)

■説明:菖蒲作り。庵棟、表裏に棒樋に丸留に細く添樋跡が入る。
地鉄は板目に肌立ち地景がみえ、全体に乱れ映りあり。
錵深く浅くのたれ、表の焼出しは互の目。茎はタナゴ

時代物「拵え」から見るとそれなりの名家武士が所有していたのではなかろうか。
拵えは小柄・笄がないのは非常に残念であるが、
素晴らしい刀装具がついており、栗型の「茸」、目貫が「華車」、縁頭が「燕」など
すべて時代物の見どころがあり楽しめる一振りです。
また柄巻きも非常に美しく当時の柄巻きをそのまま保存された貴重な拵えです。

日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
素晴らしい刀装具の数々。藩主の脇差しか・・・
素晴らしい刀装具の数々。藩主の脇差しか・・・
素晴らしい刀装具の数々。藩主の脇差しか。
素晴らしい刀装具の数々。藩主の脇差しか。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。

レビュー

レビューはまだありません。

“保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)乱れ映り! 相模国冬広 若州小浜冬廣 若狭冬広” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »