号「海部庖丁氏吉」阿波国 永正頃1504年~(約五百年前)。無銘「海部氏吉」作※即決価格は説明欄に記載

期限切れオークション

■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
刃長(Blade length):34.8cm
反り(“Sori” Warp):0.7cm
目釘穴(“MekugiAna”):1個
元幅(“Motohaba” bottom width):31.7mm
先幅(“Sakihaba” top width):24.9mm (Measure 6-7 cm from the top)
茎長(“Nakago” handle length):112.6mm
重量(Wait):112.6g

■登録証:青森県教育委員会
■説明:概ね表裏の刃文が揃い浅く湾れ、刃中は金筋・砂流し良く入る、その為が表(物打ち部分)・裏(鈨上部分)は二重三重刃にも見えるが刃文にも鍛えの地景が見える為か。小板目肌よくつみ、地沸厚くつき、地景入り、精美な肌合いとなる。
無銘ながらも日刀保で「海部」ではなく「海部氏吉」と極められた特徴の良く出た上々作と言って良いでしょう。

さらに詳しく本文(この下にあります)に記載

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

説明

海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。
海部刀工を代表する永正頃の古刀「海部氏吉」号は包丁海部氏吉!日刀保では「新刀海部」「新々刀海部」があり「海部」は古刀に属する。

——————————————————————————————————–
■号「海部庖丁氏吉」阿波国 永正頃1504年~(約五百年前)。

日刀保の鑑定の場合では「新刀海部」「新々刀海部」「海部」があり本作「海部氏吉」は古刀に属します。

■平安時代より徳島県阿波の地は海部氏が治めており、
鎌倉初期より海部川流域でとれる砂鉄を使い海部派は作刀を始めたという。
徳島県藩主の蜂須賀家が、海部の刀工を徳島城下に呼び寄せ幕末まで繁栄した

■阿波国では室町時代の戦国期、
海部川のほとりに六十数人の刀工が活躍したと伝えられている。
■海部城主(海部友光)は自らも鍛刀し水軍の実需に応えたという
「古刀期の海部刀」
その岩をも斬る海部刀の代名詞的な鍛冶が「氏吉」である。

※海部城は別名「鞆城」とも言う。
城主は 海部友光→海部氏→蜂須賀氏と続いた。

■享保名物帳にも掲載され、
戦国武将「三好長慶」所持と伝わり、のち福岡藩主の黒田家に伝来した
「名物 岩切海部(いわきりかいふ)」も同じ氏吉の作とされる。
(由来は、この刀で岩を切ったとされることからという)
その氏吉が作刀した本作は刃長からは小脇差しだが身幅広く姿は寸延短刀。

■銘鑑によると「藤」「師久」「氏吉」「泰吉」「泰長」「氏重」「泰行」らの刀工が記録されている。
阿波海部刀の中で最も世に知られているものは
三好長慶重代旧蔵・黒田家伝来の名物 『岩切海部』、刀 銘 阿州氏吉作がある。
※数度の戦で功名をあらわした業物として旧来より知られ『享保名物帳』に所載されているを引用

■三好 長慶(みよし ながよし/ちょうけい)
戦国時代の武将。畿内・阿波国の戦国大名。
室町幕府の摂津国守護代、相伴衆。
細川政権を事実上崩壊させ、室町幕府将軍・足利義晴、足利義輝共々京都より放逐し、
三好政権を樹立する。その後は足利義輝、六角義賢、畠山高政らと時に争い、
時に和議を結び畿内の支配者として君臨した人物。

※号「海部庖丁氏吉」は当サイトで付けた号(渾名愛称)になります。

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2021-03-14 23:15

レビュー

レビューはまだありません。

“号「海部庖丁氏吉」阿波国 永正頃1504年~(約五百年前)。無銘「海部氏吉」作※即決価格は説明欄に記載” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »