保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)栗山家相続 無銘 千子派[勢州桑名住村正(伝)]

期限切れオークション

(国内送料込)保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)栗山家相続 無銘 千子派[勢州桑名住村正(伝)]
極上!半太刀拵え小札に伝勢州桑名住村正とあり表裏揃う大のたれ刃文

【重要】この下に写真と説明がございます。

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

説明

■鑑定(Appraisal report):
【保証品】公益財団法人,日本美術刀剣保存協会の保存刀剣
(N.B.T.H.K Hozon Token) Guarantee that there is no difference
◆鞘書(Scabbard writing):なし(None)
◆折紙(Old Appraisal report):なし(None)
■時代(Period): 室町時代-
(Muromachi- Period,15th century)
■国名(province):相模国-若狭国(Sagami-Wakasa at that time),神奈川県-福井県(Current Kanagawa-Fukui Prefecture)
■種別(Type):刀(KATANA) ※目釘穴の位置からすると太刀の可能性もある
■銘文(inscription):
表(front side): 無銘(Unsigned)
裏(back side): 無銘(Unsigned)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
◆刃長(Blade length):66.3cm
◆反り(“Sori” Warp):2.0cm
◆目釘穴(“MekugiAna”):2
◆元幅(“Motohaba” bottom width):31.2-31.3mm
◆先幅(“Sakihaba” top width):21.9-22.0mm (Measure 36-37mm from the top)
◆先重(“Sakishige”):5.6-6.3mm(Measure 36-37mm from the top)
◆元重(“Motoshige”):6.8-7.5mm
◆鋩(“Kissaki”):36-37mm
◆茎長(“Nakago” handle length):185mm(18.5cm)
◆重量(Wait):684g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証:福岡県教育委員会(Registered by the Fukuoka Prefectural Board of Education)

■説明: 日刀保,H30年6月13日No.3017394  無銘(千子)鑑定に酷似した一振りである。

中切先、鎬作り、庵棟(棟低め)、表裏に樋が掻き流す
地鉄に「乱れ映り」盛んに入り樋に沿った棒映り、小板目が良く詰み地景が入る。
(本作、乱れ映りは始めての方でもわかりやすい)
表裏の刃文がそろい大湾れ錵深くつき砂流し足はいる。帽子は掃掛、小丸に返す。
・ハバキは金を多く使用した33gの金着(ハバキの鍔面の写真と上部と比較し見て頂ければ解ると思います)
※1個目の目釘穴は区から約7cm(指4本分)、茎下半分より反りがある。
区送りと茎尻は切り摺り上げ、上記から考えれれば太刀仕様か。
※小札は旧栗山家から相続「伝勢州桑名住村正」千子派とされる。

また本作拵え(反太刀拵)は壊れ疵もなく素晴らしく良い状態の「極上」作です。
特に金物を多く使用し「柏葉金物」も表裏の形が異なり表は三枚葉、裏は二枚葉で赤胴でシッカリ黒く仕上げてあります。
鍔は黒鉄地菊透かし鍔、柄の縁・頭(兜金)・鞘の金具は全て統一されており、
刀装「拵え」は鑑定はしておりませんが、時代物であれば名家で良い状態で保存管理されていたと推察できます。
目貫は表裏龍、鞘の鯉口は金漆(画像では撮影なし)

現代的な言い方をすると黒仕上げに統一されたカッコイイ半太刀拵えです。
現在、鞘師・金工師の方にこれだけの半太刀拵えを特注すれば、
どんなに安く見積もっても50万~は下らないでしょう。

日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。
初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。
寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は
、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、
時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。
新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、
因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
日本美術刀剣保存協会で冬広(冬廣)と保存刀剣鑑定された刀です。 初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。 寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は 、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、 時の需要に応じた刀を製作し、江戸末期まで代々続く若狭の名門です。 新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、 因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住と国を切ったものがある。
■相模国冬広(冬廣),相州冬広(冬廣),若州小浜冬広(冬廣),若狭国冬広(冬廣)若狭大掾藤原冬広(冬廣)
古刀期の冬廣は相州広次(廣次)の子と伝えられ相模国から若州小浜に来住した冬廣家は
室町時代後期に始まり江戸初期まで代々続く若狭の名門です。 
さらに時代を同じく若州・伯州・雲州・備前・備中などと住所を切ったものがある。
これが同人か否かについては研究の余地がある。
ただ本作は冬広と極めるのは研究の余地があると考える。
中切先、鎬作り、庵棟(棟低め)、表裏に樋が掻き流す
地鉄に乱れ映り盛んに入り樋に沿った棒映り、小板目が良く詰み地景が入る。
(本作、乱れ映りは始めての方でもわかりやすい)
表裏の刃文がそろい大湾れ錵深くつき砂流し足はいる。帽子は掃掛、小丸に返す。
※1個目の目釘穴は区から約7cm(指4本分)、茎下半分より反りがある。
区送りと茎尻は切り摺り上げ、上記から考えれれば太刀仕様か。
※小札は旧栗山家から相続「伝勢州桑名住村正」とされる。
また本作拵え(反太刀拵)は壊れ疵もなく素晴らしく非常に良いしい状態で極上作です。
特に金物を多く使用し「柏葉金物」も表裏の形が異なり表は三枚葉、裏は二枚葉で赤胴で
シッカリ黒く仕上げてあります。
鍔は黒鉄地菊透かし鍔、柄の縁・頭(兜金)・鞘の金具は全て統一されており、
鑑定はしておりませんが、時代物であれば名家で良い状態で保存管理されていたと推察できます。
目貫は表裏龍、鞘の鯉口は金漆(画像では撮影なし)
現代的な言い方をすると黒仕上げに統一されたカッコイイ半太刀拵えです。
現在、鞘師・金工師の方にこれだけの半太刀拵えを特注すれば、
どんなに安く見積もっても50万~は下らないでしょう。

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2021-04-04 22:12

レビュー

レビューはまだありません。

“保存刀剣 室町時代 無銘(冬広)栗山家相続 無銘 千子派[勢州桑名住村正(伝)]” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »