九州国立博物館,伝,光忠(無銘)に 刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の一振り!乱れ映り、蛙子丁子ほか

期限切れオークション

九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の一振り!
本作「乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじり」今後の研究の余地ある一振り!

 

刃長55.9cmで1.9cmの深く反りがつき、
鋩は脇差しにてはやや伸び38㎜-40mmある

 

研磨は2020年6月3日に(財)日本美術刀剣保存協会主催
日刀保、研磨コンクール木屋賞、優秀賞受賞者研師
最上研磨済み

 

【重要】この下に多くの写真と説明があります。

アイテムの状態: 中古

オークションの期限が切れました(入札なし)

説明

動画【1】は九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」動画


動画【2】本作の
研磨前の古研ぎ状態の動画です。旧所有者様動画


上記の
動画【1】は九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」動画
動画【2】は研磨前の古研ぎ状態です。旧所有者様動画

 

研磨は2020年6月3日に(財)日本美術刀剣保存協会主催
日刀保、研磨コンクール木屋賞、優秀賞受賞者研師ノ最上研磨済み

 

九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも、
日刀保は高田(無銘)桃山時代の一振り!
本作「乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじり」今後の研究の余地ある一振り!

 

刃長55.9cmで1.9cmの深く反りがつき、
鋩は脇差しにてはやや伸び38㎜-40mmある

 

片手打ちであれば、・・・

 

寸法二尺前後で元先身幅の差が少なく先反りの強い体配が考案された。
両手で構える太刀に対して、このような寸の詰った刀を片手打と称するが、
製作期間が短かいため現存の優品が少なく、数寄者間では珍重されているが
はたして・・・

 

安土桃山時代とは?・・・

 

天下布武「武力により天下統一」を成し遂げた
織田信長が建てた安土城と豊臣秀吉が建てた大坂城(桃山城)にちなみ、
この時代を「安土桃山時代」と言い
南蛮渡来の文化や商人の力の影響なども受け豪華で派手好みの文化芸術が生まれたのが特徴です。
ちなみに日本で最初にワインを飲んだのは織田信長だとも。
また「長篠の戦い」信長と武田で使われた信長鉄砲隊の玉を近年の調査では
東南アジアのタイのバンコクから車で4時間ほどの山奥にある鉱山産出であったことからも
貿易が活発化していたと言える。そんな時代の安土桃山時代「高田」一振りです。

 

■鑑定:
1.公益財団法人,日本美術刀剣保存協会:高田
日刀保(NBTHK)での「高田」は安土桃山時代-

◆鞘書:なし
◆折紙:なし

■時代: 安土桃山時代-
■国名:豊後(大分)
■種別:脇差し
■銘文:無銘
■測定値:刀身
◆刃長:55.9cm
◆反り:1.8cm
◆目釘穴:1個
◆元幅:29.8mm
◆先幅:20.6-20.8mm
◆先重:
◆元重:
◆鋩:38.5-40.0mm
◆茎長:171mm(17.1cm)
◆重量:563g
※誤差あり

■登録証:熊本県教育委員会 昭和46年6月28日 第29615号

■説明:
鎬作り、庵棟、うぶなかご、姿は反り深く、鋒はやや延び、乱れこみ帽子。

 

板目流れ地景交わり蛙子丁子に飛焼まじる。
刃文と鎬筋に沿って乱れ映り、棒映り。

九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
研磨は2020年6月3日に(財)日本美術刀剣保存協会主催 日刀保、研磨コンクール木屋賞、最優秀賞受賞者研師ノ最上研磨済み
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
研磨は2020年6月3日に(財)日本美術刀剣保存協会主催 日刀保、研磨コンクール木屋賞、最優秀賞受賞者研師ノ最上研磨済み
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
研磨は2020年6月3日に(財)日本美術刀剣保存協会主催 日刀保、研磨コンクール木屋賞、最優秀賞受賞者研師ノ最上研磨済み
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!
九州国立博物館,伝「光忠(無銘)小田勉氏寄贈」に刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の鑑定だが乱れ映りの蛙子丁子に飛焼まじる本作、研究の余地がある一振り!

合計入札価格:

オークションは期限切れです

オークションの期限が切れました(入札なし)
オークションが開始されています 2021-04-14 00:40

レビュー

レビューはまだありません。

“九州国立博物館,伝,光忠(無銘)に 刃文が近似しながらも日刀保は高田(無銘)桃山時代の一振り!乱れ映り、蛙子丁子ほか” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プライベートメッセージを送信

Loading...
名前:
メール:
メッセージ:
Translate »