SALE!

戦国武将に好まれた菖蒲作り。銘は宗近トある。 国宝・重文に多く指定される三条宗近。

¥159,000 ¥88,000

戦国武将に好まれた菖蒲作り。銘は宗近トある。
国宝・重文に多く指定される三条宗近。
彫が「月と梅の木」が非常に風流です。
登録が偶然にも宗近のゆかりの山城国(京都)も何か縁か。
時代を受継がれてきた履歴を感じさせる一振りである。

【重要】この下に拡大写真や説明が掲載されております。

在庫1個

商品カテゴリー: 商品タグ:
残り時間
セール期間はありません

説明

戦国武将に好まれた菖蒲作り。銘は宗近トある。

国宝・重文に多く指定される三条宗近。
彫が「月と梅の木」が非常に風流です。
登録が偶然にも宗近のゆかりの山城国(京都)も何か縁か。
時代を受継がれてきた履歴を感じさせる一振りである。
■鑑定(Appraisal report):保証書なし
◆鞘書(Scabbard writing):なし
■時代(Period): 平安-室町
(Nanbokucyou-Edo- Period,10th-14th century)
■国名(province):山城国(Yamashiro at that time),京都(Current Kyoto Prefecture)
■種別(Type):脇差(Wkizashi) ※薙刀直し(Remade Naginata)
■銘文(inscription):
表(front side): 宗近(Munechika)
裏(back side): 無銘(Unsigned)
■測定値(Measure) :刀身 (Toshin the “body” of the sword)
◆刃長(Blade length):43.6cm
◆反り(“Sori” Warp):1.2cm
◆目釘穴(“MekugiAna”):4個 ※昭和29年7月登録以後1つ穴埋め有
◆元幅(“Motohaba” bottom width):25mm
◆先幅(“Sakihaba” top width):21mm (Measure 60mm from the top)
◆先重(“Sakishige”):
◆元重(“Motoshige”):
◆鋩(“Kissaki”):
◆茎長(“Nakago” handle length):122mm(12.2cm)
◆重量(Wait):370g
※誤差あり (but within the margin of error)

■登録証:京都府教育委員会(Registered by the Kyoto Prefectural Board of Education)

■説明:大摺上げ菖蒲作り。
ハバキ元から茎にかけ表2本、裏1本の樋が入る。
いわゆる「肌物」大板目、直刃調に浅く湾れる。
切先は横手なく焼詰風で掃掛る。

菖蒲の葉に似ている事から名付けられた菖蒲作りは武将に好まれた。
理由は「尚武(しょうぶ)」は「武道・軍事などを大切なものと考える」の意味からくる。
徳川家康の愛刀、関ヶ原でも佩いたとされる菖蒲正宗が有名である。
主観ですが「月と梅の木」が非常に洒落と風情を感じ、
戦乱から江戸300年と時代を受継がれてきた履歴を感じさせる一振りである。
登録が偶然にも宗近のゆかりの山城国(京都)も何か縁か。

三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。

 

三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。
三条 宗近(さんじょう むねちか)は、平安時代の刀工。山城国京の三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。 平安時代末の刀工で、山城伝、刀工集団三条派の始祖。公家出身でありながら刀を打ったと言う。三条小鍛冶宗近。姓は橘、信濃守粟田藤四郎と号す。在銘で現存するものは少なく、「宗近」ときられているものと「三条」ときられているものがある。

レビュー

レビューはまだありません。

“戦国武将に好まれた菖蒲作り。銘は宗近トある。 国宝・重文に多く指定される三条宗近。” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »